フォト

カテゴリー

« 楽器店 発表会 | トップページ | SAX!.SAX!.SAX! »

2011年3月 1日 (火)

発表会 って・・・

notes昨日のブログにも 書かせていただきましたが、

その後 いろいろな質問やメールなど頂き みなさん

興味をもっていただいたみたいで うれしいかぎりです。


まず・・・・

コメントくださった Saxmanサン ありがとうございます。

わたしのほうにも メールくださった 雅ちゃんもこの質問が

ありましたので  見てくださった方が 気になるであろう点を

もうちょこっとwinkだけ 加えておきますね。



写真にもみられるように 発表会は 

YAMAHA のPMS(ポピュラー・ミュージック・スクール)に在籍する

サックスとトランペット の 発表会です。

T 楽器店は PMSのレッスン体制と T楽器オリジナルのレッスン体制があります。


つまり・・・・・

サックスを習うにしても PMSとオリジナルコースがあるわけです。despair

でも この2つにはいろいろ違う点があります。

そこで いくつか ピックアップしてみますね。



まず、講師が違います。

PMSの講師は すべてYAMAHAの認可をもらった人

つまり、YAMAHAでの試験を受け 合格し、そして 研修を受け

レッスン指導ができる と判断されて 初めて 各楽器店、各教室からの

要望にあわせて派遣されるというわけです。



PMSには 個人レッスンとグループレッスンがあります。

個人レッスンは30分・・・いわゆるマンツーマンです。

これは 他の楽器店や このT楽器オリジナルコースでも

やっている。みなさんの想像どおりのレッスンと思ってもらって

イイかと思います。

グループレッスンとは、個人レッスンとは違い

何人かの集団で 60分というレッスンを一緒に受けます。

やはり 年層も違えば 上達のレベルも違うケースもでてくるでしょう。


たとえば・・やや吹ける人と すごく吹ける人、


リズムが苦手な人、 指があまり早く動かせない人


楽譜が 全くよめない人・・・

楽譜は読めるが、五線譜内からはみ出すとわからなくなる人・・・



練習時間が取れない人と 練習もきちんとこなしてくる人



・・・とまあ 様々な方が同じレッスンを受けることになるわけですから、

それは 講師のほうもレベル差に応じて 生徒に要求することを見極めて

いかなくては ならないことだと思います。



個人レッスンでやっていた人が グループレッスンに移ってくる

というケースが ほとんどです。


そういうことまで 想定した グループレッスンのシュミレーションも

研修ではありました。

実際に ベテランの講師が生徒役になって 新講師に授業をさせ

レッスン内で起こりえる問題点などを本当のレッスンにより近いカタチで

「先生、質問なんですが・・・」と 答えさせたり

生徒役でも サックスが吹ける人が 吹けない真似はやっぱり

演技としては ヘタなので 違う科の講師が生徒役を務めたりもします。
(サックス経験のない他の科の講師が務めることによって よりリアリティーが感じられますから・・・)



そしてベテラン講師にも初めての楽器を体験させることで

自身の体験レッスンなどに来る初めて習う人の気持ちを 体感することができ

YAMAHAとしては 双方のレッスン向上に つながると考えられているようです。

(余談にはなりますが、やっぱり私も サックスではない

楽器の生徒役をしましたが 自分のレッスンでも気をつけなければcatfaceと思う

ことも勉強できました)



そして レッスン料金がおそらく オリジナルコースに比べ高いことは

事実です。・・・・が 上記のとおり しっかりした カタチで講師になった方が

レッスンするので 安心して受けていただけると思います。


そして レッスンの骨組がしっかりしていること だと私はおもいます。

私の携わっているT楽器店でいうと 楽器店オリジナルコースは

先生の指示するものを使って、あるいは 生徒の持ち込んだものを使って

の 自由なカタチ でのレッスン内容だと聞いております。


一見、好きなようにできて・・というのは魅力かもしれませんが、

やはり すごく吹けるようになっての{好きなコトができる}というのは

いいでしょう・・・・

だけど ものには やはり 今、この段階で やっておかなければならないと

いう コトがあると思います。

曲先行で いくと 基礎が おろそかになって 

曲のこの部分は吹けるがココは吹けない・・・というのも出てくると思います。



一方 PMSは テキストでエクササイズで練習したあと

それらを含んでいる 曲を吹いて 実践でそれを生かす・・・

とまあ ちょっと わかりにくいかもしれませんが

各チャプターには ここで学ぶ定義みたいなのがあって

それを 練習曲で学び 実践として 曲集から同チャプターで

用意されている曲の中から 好きなやつを選んで取り組みます。

曲も ジャズはもちろん POPsや とにかく有名どころ

サックスやる人ならば 吹きたいであろう曲が収められています。


実は 発表会も こうした 曲集の中から 吹いた生徒もいます。


わたしの生徒であれば ユニットのグループは

ルパン三世と想い出のサンフランシスコ  2曲演奏しましたが

ルパンは 教材どおり (3つのパートにわかれているもの)を使い

サンフランシスコは 教材ではソロ譜でしたが 通常のレッスンで

学んだことを活かし、一人の生徒がハーモニーをつけてみたりして

アレンジを したもので演奏しました。

もちろん 私も加わり 手直ししたところもありますが、

生徒ながら 工夫して作ってましたね。

またひとつ勉強になったことでしょう。


質問にもあったように ラージアンサンブルは アルトとテナーばかりの

アンサンブルでしたが、 ある曲ではトランペットの生徒も加わり

3曲 違ったテイストで 演奏しました。


これらに関しては 既存の楽譜を 各講師が アレンジをし、

同じ曲でも 初級者用と 中、上級者用と 2パターン用意し

生徒に選択させました。


生バンドではなく カラオケ音源を使ってます。

ちなみにラージアンサンブル部門の曲は

    noteイット・クッド・ハプン・トゥ・ユー/IT COULD HAPPEN TO YOU
                             notes Jimmie Van Heusennotes
       
        noteユード・ビー・ソー・ナイス・トゥ・カム・ホーム・トゥ /
                                     YOU'D BE SO NICE TO COME HOME TO
                             notes    Cole Porter      notes

        note情熱大陸
             notes  葉加瀬太郎   notes


3曲 吹きました。

ソロ部門については それぞれのやりたい曲を吹いているので

日頃 レッスンとは別で うちで吹いているものや この日のために

猛練習したりと・・・・  それぞれですが

ソロ・ユニット・ラージと 3つの部門に 出た人は 

少なくても 6曲 多い人で8曲happy02 きゃ~~~すごいheart04


でも 確実に言えるのは、年々一人ひとりが 上達しているのは

間違いないです。一人ひとり 次の目標が違いますが、

それぞれが 自分でも レベルUPしたと 思えるように

これからも その お手伝いをしていきたいデス~shine







« 楽器店 発表会 | トップページ | SAX!.SAX!.SAX! »

音楽♪サックス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1009990/39060951

この記事へのトラックバック一覧です: 発表会 って・・・:

« 楽器店 発表会 | トップページ | SAX!.SAX!.SAX! »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

吹歌(すいか)HP へは  ↓下記のバーををクリック↓

  • 吹歌(すいか)HP
    サックス&ヴォーカルでいろいろなジャンルの曲を演奏する ユニット ♪吹歌(すいか)♪ 二人ともが鍵盤楽器を弾けるのが魅力のひとつ。。。 愛知、三重、岐阜を中心に活動し、結婚式や企業のイベントでは 主催者に応じた 曲でリクエストにも応えます。 中でも、刈谷ハイウェイオアシスでのステージ演奏は毎回 大好評です。

最近のトラックバック

無料ブログはココログ