フォト

カテゴリー

« サックス発表会の余韻・・・ | トップページ | 男のニッセンに・・・ »

2009年2月 1日 (日)

発表会の余韻 あづ編

わたしにも発表会の余韻が・・・・・


フィナーレでウォーターメロンマンを出演者全員で

note演奏したのですが・・・

リハーサルも含めて 4回ほどでしょうか。

演奏自体は・・・・


本番も会場の人も巻き込んで(タンバリンや鈴を配って

お手伝いしていただいたりして) すごく楽しかったです。


わたしはみんなをリードしなければならなかったので

サックスは 置き、タンバリンを持って

それはそれで 楽しかったです。

「堺 正章さん」のタンバリン演奏にも憧れsign02

はしゃいでたのでしょうね・・・

夢中で・・・太もも も使い ホント夢中で

たたきまくった・・・・・・・のでしょうcoldsweats01



夜 その余韻が・・・・・

が~~~~~~ん Σ( ̄ロ ̄lll)

太ももに青あざが~~~sign03

~(°°;)))オロオロ(((;°°)~


なんでsign02


あっsign03ウォーターメロンマンか~~bearing

タンバリンの悲劇デスcoldsweats01

わたしそういえば タンバリンのふちを

バンバン ふとももにあててたっけcatface


その夜 ひとりで恥ずかしく思い出し笑いして

お風呂にはいりました。

あれから1週間・・・

毎日 右太ももをみるたび 思い出します。

発表会の恥ずかしい余韻デス(笑)

« サックス発表会の余韻・・・ | トップページ | 男のニッセンに・・・ »

音楽♪サックス」カテゴリの記事

コメント

僕も似たような経験がありましたよ。 もう40年あまり昔の話しですが、今の会社に入社した年だったと記憶していますが、秋の従業員運動会でのことでした。 当時、100メートル短距離走に参加エントリーしたのですが、履いていた運動靴のサイズが少し大きかったので、裸足で走ることにしたのです。
スタート前の気持ちとしては、まぁ~気楽にユッタリ走ろうか、なんて思っていたのですが、いざ号砲が鳴って走り出したら他者に負けたくない、という闘争本能が目覚めてしまって、不覚にもつい全力疾走してしまったのです。
で、結果は見事一着。までは良かったのですが、周りにいた誰かが「南さんの足跡が血で濡れているよ」って言われてよくよく足の裏を見たら親指の皮と肉がほとんど無くなっていて、血だらけの指に土と砂がめり込んでいる、という惨状。
そこで、初めて激痛を感じ始めた、ってわけでした。
人間何かに集中している時って、激痛さえも感じることなく、そのことをやり続けるものなのですね。
昔から「火事場の馬鹿力」とはよく言ったものですよね。delicious

在原業平さんを人生の師と仰いでいる者です。
先日の発表会で、岡崎教室の知り合いが参加し、尚且つ在原さんも聴きに行くとの事でしたので、おじゃま致しました!私も昨年秋に岐阜での発表会に参加し、他の方々の演奏にたいへん感動しまして…。刈谷でのそれはまた、意外な曲やら趣向を凝らした演奏や、ご家族への温かいメッセージありで、全く初対面な方々なのに、思わず「素晴らしい演奏でしたよ!」などと話しかけ、皆様ちょっとビックリされながらも「ありがとうございます!」と答えて下さり、喜んだ次第でありました。
在原さんがベタ誉めしていただけあり(とてもチャーミングな女性だと何度も申されていました)素晴らしい司会進行でしたし、演出も良かったですよscissors。とてもアットホームな発表会でheart01も暖かくなりました!また来年も伺います。それまで生徒さんのご指導等頑張って下さいね!

shine在原業平さんのコメントに一人で爆笑してます。

あっsign01爆笑だなんて失礼しましたsweat01でもなんか

すごいエピソードだったもので・・・・coldsweats01

でも私もこのほかにも 数々の伝説を残しておりますので

また機会あればここにもUPしていこうかナhappy02

若い頃とはいえ 業平サンの意外な一面を知ることができて

そして 少し私の青あざ話が 血だらけ話によって和らいだ事に

感謝sign02かな・・・・(笑)

貴重な体験話を ありがとうございましたあshine

萌木サン はじめましてshine

コメントありがとうございました。 そして発表会にも来てくださり

人と人とのつながりに あらためて 感動しました。

萌木サンも発表会に出演(昨年秋に)とありましたが

何か楽器を習っているのですか? 習っていてもいなくても

音楽を聴くのは心地いいですよね~~note

刈谷での発表会・・・いい時間を過ごしていただいたみたいで

私もすごくうれしいです。今回の発表会の趣向のひとつで

各先生の 単位での演出となりました。例外をのぞいては

自分の生徒の演奏時は担当講師がMCをつとめるという

かたちとなりました。生徒とのからみも 来ていただいてる

人にみてもらって 生徒と先生のつながりsign02みたいな

ものが出せたらいいなあと 思ってのことでしたが

演奏会全体を見てくださって 萌木サンがそう思ってくださった

なら うれしいです。

MCひとつで その演奏会の雰囲気が 変わりますからね~

スタンバイの準備時間もかねての いわゆる つなぎですが

それもたのしく聞いていただけたなら よかったですうhappy01

また 次回もいらしてくださいね。そしてまたよかったら

ブログちょこちょこのぞいていってくださいね。

足跡残していってくださると なおウレシイですvirgo

それでは・・・・・

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1009990/27655603

この記事へのトラックバック一覧です: 発表会の余韻 あづ編:

« サックス発表会の余韻・・・ | トップページ | 男のニッセンに・・・ »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

吹歌(すいか)HP へは  ↓下記のバーををクリック↓

  • 吹歌(すいか)HP
    サックス&ヴォーカルでいろいろなジャンルの曲を演奏する ユニット ♪吹歌(すいか)♪ 二人ともが鍵盤楽器を弾けるのが魅力のひとつ。。。 愛知、三重、岐阜を中心に活動し、結婚式や企業のイベントでは 主催者に応じた 曲でリクエストにも応えます。 中でも、刈谷ハイウェイオアシスでのステージ演奏は毎回 大好評です。

最近のトラックバック

無料ブログはココログ